Author: <span class="vcard">admin</span>

有力なサイトからリンクを張ってもらう

ライティングとコンテンツづくりの技術は、ストック型の手法です。準備や作成に時間や一定の費用はかかりま すが、一度つくってしまえば、あなたの財産として半永久的にストックされるものです。極論すれば、何もしないでも毎日、継続的にアクセスを稼ぐことができるのです。 検索エンジンの評価が高く、ユーザーにとって有益なコンテンツを持つサイトは、その業界で影響力のあるサイトを運営している人たちから注目される。そして、彼らが自分のサイトで無料で紹介してくれ、リンクを張ってくれる。 ライティングとコンテンツづくりのメリットは、SEO対策を成功させる決め手にもなることです。 グーグルはアクセスが多いサイトを高く評価するようになりました。しかし、依然として検索順位のアップに貢献するのは、「他のサイトからのリンクがどれだけあるか」という被リンク元の数と質です。 質の高いサイトを運営している人から、あなたのサイトにリンクをしてもらうだけで、これまで検索順位が圏外だったサイトが、突然、上位に表示されることが昔から起きています。

ユーザーによって変わる検索結果

Googleア力ウントを取得して、 ログインした上で Google検索 を行うと、 ユーザーの個別情報を考慮した上で検索結果が表示されま す。そのため、過去に検索してクリ ックしたサイトは、次回以降の検索時に、より上位に表示されることがあります。 ユーザーがどんなことに興昧があるか、どんな生活を送っているか、 検索エンジンはその動向を探り、 情報を自動的にスト ックしています。 今後、かゆいところに手が届くような、さまざまな提案やおすすめを、 検索エンジンが自ら行うようになると予想されます。   Googleの検索エンジン以外にも、 ユーザー個別の行動データを収 集し、サイト運宮に利用しているサイ トは複数あります。 例えば、 Amazonや YouTubeで は 、 過 去 に チェック し た 商 品 や 動画から、関連した商品や動画を表示してくれます。 これらのサイトと同じように、検索エンジンも、 よりユーザーの満 足度を上げるための取り組み をしていると考えられます 。

レスポンシブWebデザインのデメリット

レスポンシブWebデザインにおいて、 SEOの観点から、またユーザー回線で考えても、最も検討・改善しなければいけないのが表示速度です。なぜ表示速度を気にしなければいけないかというと、仮にデバイスによって「非表示設定」になっていたとしても、ソースコードが読み込まれているため、ファイルサイズのボリュームによっては、表示速度に 大きく影響を及ぼすことになるからです。しかも、デバイスによる対応が増えれば増えるほど、よりソースコード のボリュームが増えることとなります。モバイルの通信環境においても、これからさらに発達していく ことも充分考えられるため、将来的には 表示速度の改善施策が、ほぼ、必要なくなる可能性も十分あります。

中国のSEO対策

2009年までは、検索結果の1ページ目のほとんどが広告枠で、オーガニック検索の上位表示を目指しでも、SEO的な意味はほとんどありませんでした。しかしながら、2009年にBaidu Phoenix Nest Platformが導入されてからは、検索結果の仕様が変わり、オーガニック検索の重要性が増しました。堅実なSEO対策が日の目を見るようになったのです。    

meta descriptionの重要性

上位表示そして、ユーザーへのPRに必要なmetadescriptionタグの付け方を学んで、いきます。 meta descriptionタグの書き方は、以下の通りです(XHTMLの場合)。 <meta name=”description” content=”説明文または要約文” /> meta descriptionタグは、ホームページを構成しているHTML内において、SEO対策目的以外にも重要な役割があります。それは、主にユーザーへのPRが目的です。 このmetadescriptionタグに書かれた内容は、検索結果ページにおいて、タイトル(title)の下に説明文・要約文として表示されます。これは、別名「スニベット」と呼ばれています。スニベットとは、英語のsnippetで抜粋という意味です。 検索結果に表示されたスニペットに含まれるキーワードは太字で表示されるため、クリック率の向上にもつながります。 ちなみに、ユーザーが検索したキーワードがmetadescriptionタグに含まれていない場合は、Webページ内(bodyタグ内)から抽出されたコンテンツが、スニペットとして使用されます。

無料ブログからの被リンクでキャッシュさせる

2週間以上キャッシュされない場合は、無料ブ口グからリンクを送ってキ ャッシュさせると効果的です。無料ブログは母体となるドメインが強力で、 頻繁にクローラーが巡回しています。更新記事の リンクは素早く読み込まれ、 リンク先の ページも同時にキャッシュしてくれるので便利です。一度に大量 のリンクを送るとペナルティになる可能性もあるので、キャッシュさせたい ページだけにリンクを送ってください。記事の ボリュームは単語数やキ ーワ ードを 考慮する必要はありませんが、リンクだけ送るのは避け、必ず記事と一緒に発リンクするようにします。

SEOで大事なタグ

SEO対策のキーワードをどこに入れるか キーワードは、次のタグに入れるべきである。 <title> タグ。検索エンジンが最も重要視するタグであるため、キーワードはなるべくtitleタグ内の前方に配置し、キーワードの位置関係も近い方がよい。 <meta>タグ。120文字程度でキーワードを入れるように各ページごとに調整をしよう。 <a> タグ。「詳細はこちら」と記載するよりも対策ワードを入れましょう。 <hx> タグ。 h1は大見出しを表すタグで対策ワードを入れましょう。  <p> タグ。 パラグラフ(段落)を表すタグであるため、文中にキ ワードを入れることはもちろんであるが、結論を先に述べる英文の記述方法に合わせ、重要なキーワードは各パラグラフの先頭に配置するとよいです。

エイジングフィルタ

取得したばかりのドメインで上位表示することは競合が多いキーワードにおいては難しいでしょう。 特に Google 検索で知られていることですが、エイジングフィルタというアルゴリズムがあ り、公開されたばかりのドメインは上位表示されにくくなっています。これは、すぐ消えては次々と現れるフィッシング詐欺などの悪質サイトや、実績に欠けるECサイトなど、Google が検索ユーザーに勧められない情報を上位に表示しないための仕組みです。

キーワードの出現率

SEO対策のキーワードの出現率を細かく調整するのは大変なのでだいたいでもいいのか。キーワード出現率という概念は数年前からありますが、出現率の調整によって順位が大きく動くととはなくなりました。キーワード出現率の目的は、「検索エンジンロボッ卜にページのテーマを理解してもうう」ことであり、そのための一手段でしかないのです。 ただし、大体といっても、それは出現率の調整自体にそれほど意昧がないということであり、一般にいわれているように、大体5%に合わせればいい、というわけではありません。SEO対策の最も重要なキーワードがページ内に 5%あったとして、同じページ内にどうでもいいキ ーワードが 10%存在したら、どうでしょう? 巡回したロボッ卜に、どうでもいい方のキーワードがそのページのテーマではないか、と間違った理解をされてしまう恐れがないでしょうか 結論として、キーワード出現率は、「パーセンテージ」を意識するより、「他キーワードとの相対的量」を意識し、ページ内で最も出現率が多くなるよう調整することが重要です。

集客用サイト

質の高い外部リンク獲得と集客を目的に、本体の収益サイト とは別に集客用サイトを作成するのはどの程度 有効か。 集客用サイトの立ち上げがSEOと集客に有効に働くかといえば、もちろん有効です。ただ しその効果はサイトのコンテンツとマーケテイング次第であり、安易にサイト制作会社へ 委託するだけでは、多くの場合、その費用を回収するのに気が遠くなるほどの時間を要す るでしょう。 集客用サイトの作成については、事前に十分な検討を行ってください。立ち上げの時間も 費用もかかる上に、費用対効果が事前に測りにくいというリスクがあるからです。