有効なタイトルやディスクリプション

これからのWebライティングに求められるSEO(検索エンジン最適化)対策は、検索ロボットと利用ユーザーの両方を考慮したものが求められる、と言われています。そこでHTML文書で必要となるhead要素とbody要素の整合性を図るため、いかに効率よくかつ漏れの無いキーワード構成が図れるか、という点について検討していきたいと思います。流れとしては、最初に暫定でタイトルとディスクリプションを決めてしまいます。次にそれをもとにbody要素内のコンテンツ作りをしていきます。ここで、それぞれの間にキーワード過不足が無いかどうか確認します。最後に確認した結果で必要に応じタイトルやディスクリプションに修正を入れます。このように進めていけば、少なくともhead要素とbody要素間での整合は図れるでしょう。参考にこのような手順を踏まなかった場合、予想される不具合を確認してみましょう。まず、タイトルやディスクリプションを確定してしまってからコンテンツ作りに取り組んだ場合です。これでは、body要素のコンテンツ作成段階で新たな有効ワードが見つかった場合、それを反映させるためのタイトル修正という後戻りが発生します。一方、先にbody要素となるコンテンツ作成を先に済ませた後でタイトルやディスクリプションを記述していった場合はどうでしょう。これでは、どのキーワードを主体で上位表示を目指そうか、という方針が定まらない八方美人的な構成になっている可能性があるでしょう。いずれのやり方も、後戻りとなるような非効率な作業となる可能性が増してきます。このようなhead要素とbody要素の不一致は、ユーザーに価値あるコンテンツを提供したいと願うGoogleにとっても重要な事なので確認項目に入れています。例えて言うならば、ラーメンの看板をみて入ったのに、かつ丼しかメニューにないようなもので、もちろんこんなことは考えられませんが、Webサイトでは当たり前のように起こっていると言っても過言ではないほどよく見受けられることなのです。

    Write a Reply or Comment

    Your email address will not be published.


    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>