新旧ソーシャルメディア

少し前に大流行したソーシャルメディアとして挙げられるかもしれませんが、現在でもしっかり活用できるのがmixiと言えるでしょう。Facebookと同様、ホームページ作成と同じように導入できるソーシャルメディアであり、強みはとしては、国内で約1500万人ものユーザーがまだ存在しているということではないでしょうか。特徴としては、他のソーシャルメディアに比べ、女性や10代の利用者が多いという点ではないでしょうか。企業向けのサービスを活用することで、ページをフォローしたユーザーに対して情報を発信することが出来、ユーザーがページにコメントしてくれた場合などには、その友達にも情報が伝わっていくという仕組みもあり、口コミが強みといった企業には便利に活用できると言えるのではないでしょうか。これをうまく導入した企業としてローソンやチロルチョコなどが挙げられるでしょう。ユーザーの生活に寄り添ったサービスを始め、店舗のページでは高いエンゲージメントを実現していると言われています。低価格の商品を扱っていたり、リアル店舗がある企業や、女性向けサービスを中心にしている企業や会社にとってはmixiの活用も有効と言えるでしょう。比較的新しいソーシャルメディアとして注目されつつも、まだ比較的ユーザー数が少ないものにGoogle +が挙げられるでしょう。機能次第で大きく伸びしろの生まれそうという点や、人気アイドルグループの命名した「ぐぐたす」という呼称からも進展が期待できるメディアであると言えるでしょう。これは、サークルという概念を利用し、ユーザーが作成したグループごとに情報を発信できるという特徴の他、形態が動画チャットという点が注目されている点と言えるでしょう。Googleシリーズは、appsやgmailなどを利用している企業も多いため、今後、ユーザーとのコミュニケーションへと発展させたいものや、反対に社内の閉じたコミュニケーションやディスカッションと言ったものなどに活用されていくというケースも増えていくのではないでしょうか。

    Write a Reply or Comment

    Your email address will not be published.


    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>