Webサイトの「利便性とユーザー視点」

ウェブサイトを運営するにあたって、シンプルに重要なことは、具体的にどんなテーマを持って運営されている Web サイトであるのかということを、新規ユーザーに伝えなくてはならないということです。ウェブサイトを運営するに当たっては、コンセプトや、テーマを重要に制作していくというようなことが多くの場面で述べられていることですが、実際に、 Web サイトを制作していくと、どうしてもユーザー目線ではなく、作り手となる運営側からの意識がそこに投入されてしまっていることが多いようです。実際に、サイトを運営するのは、運営側のスタッフになりますが、サイトを利用するのは、ユーザーたちであり、ユーザーたちにとって、利便性のあるウェブサイトでない限りは、何の価値も意味も成さないという点に、着目する必要があるでしょう。まず、新規ユーザーが、ップページを訪れた際に、このウェブサイトがどのような試みを持って運営され、どのような情報を得られるのかというような、端的なトピックが、いくつか目に入ってくるようなレイアウトが望ましいのではないでしょうか。新規ユーザーを、リピーターとして取り込むことが、何よりも皆さんにとってのコンバージョンに繋がり、ウェブサイトを運営している、成果へとつながってゆくでしょう。実際に、このような形で、ウェブサイトの基本が述べられているハウツー本などは多いのですが、実際に、運営されているそれらのスタイルデザイン性を見てみると、運営側からの利便性を考えられたものも目につくものですよね。

    Write a Reply or Comment

    Your email address will not be published.


    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>