Webコンテンツの鮮度と既存コンテンツのあり方

皆さんの運営されるウェブサイトの更新については、何よりも SEO 対策に結びつくなどという形で、関連事項とされてくることが多いのではないでしょうか。毎日ページ数を増やしたり、新着情報を更新していくことによって、検索エンジンからの評価を得たい、などといったような下心が丸見えであると、実際には、ユーザーの利便性に活用されていないなどといった形で、評価を下げてしまうといったこともあるようです。何よりもユーザーの利便性を考えた上での、質の高いコンテンツなどの更新や 、Webサイトのメンテナンスにおける、改善が重要であると言われています。更新の頻度= SEO 対策ではなく、何よりもユーザー目線におけるコンテンツの更新や、改善が重要であるなどとも言われています。 SEO を意識した形でのコンテンツ情報の更新については、実際に以前に投稿した古いコンテンツを、正しく新しい情報に編集するなどといったような、情報の鮮度を高めると言ったような取り組みが何よりも評価対象とされるなどとも言われています。時間が経過するとともに、過去に制作したコンテンツ内容に間違いが見られたり、また、掲載されている情報が古くなってしまったような場合に、既存のコンテンツに手を加えることによって、コンテンツ全体が鮮度の高い情報として再評価されることにつながってくるようです。

    Write a Reply or Comment

    Your email address will not be published.


    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>