コンセプト固め

皆さんがウェブサイトを制作すると考え始められたら、まずは、どんな目的でどんなターゲットに、そのサイトを知ってもらいたいのかといったような、ウェブサイトの核となるような、コンセプトを、まずはきちんと固めることが重要であるなどとされています。さらには、コンセプトの中に、集客や売上などの成果が求められているのであれば、何よりも SEO などの対策が 、Web サイト制作の中に組み込まれてくるでしょう 。皆さんが、運営されるウェブサイト上に、集客を多く見込みたいのであれば 、Googleアルゴリズムに対して、理解されやすいサイト構造を試みなくてはならないでしょう。さらには、組み込まれて行く、コンテンツ内容などに、十分な「質」と「量」をもたらすことで、訪れるユーザーや、訪問者等からの外部リンクなどを張りやすくする必要などもありそうです。ウェブサイトを制作し、運営していくには、何よりもそのサイトの中で、アクションを起こすユーザーたちを、目的を果たす成果達成まで、うまくナビゲートを果たさなくてはならないでしょう。実際に、訪れたウェブサイトの中で、皆さんは迷子になったご経験などはございませんか?分かりづらいウェブサイトの構造や運営においては、多くの人々が、途中でサイト上を離脱してしまうというような現象を生み出しているようです。せっかく皆さんの Web サイトまで、たどり着き、アクセスしてくれたユーザーたちを、みすみす逃してしまうのは、残念な結果となってしまうでしょう。まずは、そのようなあらすじを、アウトラインとして、骨組みを組んだ上で、皆さんが1ユーザーであった場合のケースなどを踏まえて、様々なウェブサイトへのアクセスから、アクションに至るストーリーを描いてみてはいかがでしょうか。

    Write a Reply or Comment

    Your email address will not be published.


    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>