canonicalタグ

canonicalタグを用いた正規化をご存知でしょうか。これは大手の検索エンジンに対し、そのページを指定先のURLコピーとして扱うべきだということを伝えるためのタグであると言えるでしょう。また、検索エンジンが適用しているリンクと、コンテンツなどの指標といったものはすべてこのURLに還元するべきということも伝えてくれるタグと言えるでしょう。HTMLソースの~ 内に記述して使用することがほとんどで、パラメータが付与されるケースなどでは、元になっているコンテンツにパラメータのないURLをcanonicalタグで記述するようにすると良いでしょう。URLの正規化を行いたい時には、基本的には301リダイレクトを使用するのが一般的と言えるでしょう。しかし、301リダイレクトが使用できないといった場合や、パラメータが付与されているといった場合、さらには、スマートフォン用のページといったものが、PCページのURLとは異なってしまうといった場合などには、リダイレクトによる転送ができない可能性が多くなるため、タグやタグといったものを使用して正規化をするようにすると良いでしょう。

    Write a Reply or Comment

    Your email address will not be published.


    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>