レスポンシブWebデザインのデメリット

レスポンシブWebデザインにおいて、 SEOの観点から、またユーザー回線で考えても、最も検討・改善しなければいけないのが表示速度です。なぜ表示速度を気にしなければいけないかというと、仮にデバイスによって「非表示設定」になっていたとしても、ソースコードが読み込まれているため、ファイルサイズのボリュームによっては、表示速度に 大きく影響を及ぼすことになるからです。しかも、デバイスによる対応が増えれば増えるほど、よりソースコード のボリュームが増えることとなります。モバイルの通信環境においても、これからさらに発達していく ことも充分考えられるため、将来的には 表示速度の改善施策が、ほぼ、必要なくなる可能性も十分あります。

    Write a Reply or Comment

    Your email address will not be published.


    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>