キーワードの出現率

SEO対策のキーワードの出現率を細かく調整するのは大変なのでだいたいでもいいのか。キーワード出現率という概念は数年前からありますが、出現率の調整によって順位が大きく動くととはなくなりました。キーワード出現率の目的は、「検索エンジンロボッ卜にページのテーマを理解してもうう」ことであり、そのための一手段でしかないのです。 ただし、大体といっても、それは出現率の調整自体にそれほど意昧がないということであり、一般にいわれているように、大体5%に合わせればいい、というわけではありません。SEO対策の最も重要なキーワードがページ内に 5%あったとして、同じページ内にどうでもいいキ ーワードが 10%存在したら、どうでしょう? 巡回したロボッ卜に、どうでもいい方のキーワードがそのページのテーマではないか、と間違った理解をされてしまう恐れがないでしょうか
結論として、キーワード出現率は、「パーセンテージ」を意識するより、「他キーワードとの相対的量」を意識し、ページ内で最も出現率が多くなるよう調整することが重要です。

    Write a Reply or Comment

    Your email address will not be published.


    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>