スニペット (description)について

スニペット (description)を記述する主な目的は、「ページの概要説明」です。ユーザーが検索したキーワードが、 description の記述に含まれていた場合、その該当キーワードは太字となるため、検索目的と合致する内容のWeb サイトであると 判断し、 クリック率に好影響を与えます。(検索クエ リと 合致し ない場合、まれにコンテンツ内部の意図しない部分が抽出され、 表示する場合もあります)。そのため、ユーザー動向を意識し、必ず狙う検索キーワードを入れるようにしましょう 。

※description の書き方
<meta name=”description” content=”Web ページの説明・要約文”>

Web 全体として観察すると、殆どが文章形式となっていますが、実は文章形式である必要性はありません。ページの内容をひとめで理解できるように重要語句をまとめていればく、端的にコンテンツの内容を抜粋したものを列記しても問題はないのです。
ただし、無味乾燥なものにならないよう、またクリック率を上げることを念頭に、ページ内で特にアピールしたい情報をしっかりを組み入れるよ うにしましょう 。

要素で、ある description は、 PC から検索した際の検索結果において、110~ 120文字程度表示されますが、スマー トフ ォンでは、一般的に 50~60文字程度が表示されるようです。この条件から 、対策すべきこととしては、スマ ート フォンでもきちんと PRできるよう 、途中で切れる前に次の2点を意識することが大切です。

①狙うキーワードを 50文字よりも以前に使用する

②全体として、 MAX110文字程度とする