キーワードの「近接度」

キーワード同士を近くに配置する

検索数が少なめのキーワードを幅広く力バーする「ロングテール」の戦略でアクセスを集めるために重要なのは、2語や3語の複合語を対策することです。複合語は単一語よりも競争率が低いので、効果が出やすいというメリッ卜があります。複合語を使うときに気をつけたいのは、キーワードの「近接度」です。たとえば「パスタ レシピ」という2語の複合語を対策したいと思った場合、それぞれのキーワードが近くに配置されているほうがSEO対策には有利になります。仮に「パスタと前菜のレシピ」としてしまうと「パスタ」と「レシピ」が離れ、SEO対策の効果が薄まってしまいます。どうしても「前菜」というキーワードを含めたい場合は、順番を工夫して「前菜とパスタのレシピ」などとするほうがより効果的です。

記事を書くときも注意する

近接度は、ブログの記事や本文を書くときも注意しましょう。ますは、以下の近接度を考えすに書いた文章を見てみましょう。上の文章の場合、パスタとレシピの間にたくさんの言葉が入って位置が離れてしまいました。近接度を注意して書き直してみます。「パスタ」と「レシピ」が近くにあり「パスタ レシピ」で検索されたときに上位に表示される可能性が高まります。